Staff Blog

トリートメントでダメージ補修は出来る?♡

美容室のサロントリートメントのほとんどは【髪の内部補修やダメージ補修】が触れ込みです。♡

でも、【ツルツルさらさら】になるのは毛髪表面をコーティングしたからです。そうなると今度は【本当に毛髪補修もされているのか】気になりますよね

と、その答えはこちら↓↓

(最近のサロントリートメントは内部の修復をしてから最後に表面のキューティクルを補修&コーティングして栄養を閉じ込めているのでツルツル、サラサラ、コーティングと同時にダメージ補修もしています)

そう! 補修はしてくれているんですね。

でも、その効果はどれくらい持続するのでしょうか?

そして持続させる方法はあるの?

 

サロントリートメントは1ヶ月持続する!?意外な落とし穴が…。

サロントリートメントはいったいどれくらい持つのでしょうか?

一般的には約1ヵ月位ですがこの持続期間には注意点があります。

ポイント3つ

★お客様の感じる持続期間
★シャンプー剤のチョイス
★ホームケアトリートメントの利用です

消費者の感じる持続期間は1週間!?

まず一つはメーカーの謳う持続期間と消費者の方が感じる持続期間の違いです

メーカーの謳う持続期間の1ヵ月というのは【ツルツル、サラサラしている期間】の事ではありません。

表面コーティングが徐々に剝がれていき、その後、内部に補充した毛髪補修成分が全て流出するまでの期間が1ヵ月ということです。

ですが、消費者の方は持続期間が1週間ほどと感じる人が多いように思います。それは【ツルツル、サラサラをはっきりと感じる期間=トリートメントが効いている期間】と捉えるからです。

この感覚の違いによって【美容室で1ヵ月持つと言われたのに1週間もぜずにツルツルじゃなくなっちゃった!!】と感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかも… 1ヵ月持続するというのは【健康毛&ベストなホームケアをした時の持続期間】である点も注意が必要です。

ここは非常に重要なポイントですよ!

ダメージ毛は持続力がない!!

健康毛よりもダメージが強い毛髪ほどサロントリートメントをしたくなりますが、損傷度が高い毛髪ほどコーティング剤も補修成分も流出しやすいため持続力がありません。

かなりの重度のダメージ毛だとツルツル、サラサラを感じる期間は2~3日というケースもあります。

しかも、この場合、キューティクルもかなり損傷しているので補修成分を内部に閉じ込めることもできず、内部補修成分もダダ洩れです。😭

個人的な感覚だとかなりのダメージ毛だと1週間も持続しないかなと感じます

さらに…

洗浄力の強い市販シャンプ―でトリートメントが剝がれる!?

洗浄力の強いシャンプ―を利用すると、表面のコーティングが剝がれやすくなるのでトリートメントの持ちが著しく低下します!

ですのでトリートメントを持続させるためには洗浄力の穏やかな【アミノ酸系】や【ベタイン系】のシャンプーを利用するのがおすすめです。

当 美容室でもサロントリートメントをオーダーされても、まずは【どのようなシャンプ―を利用しているか】を確認して市販のシャンプーを利用している場合は上記までのことを説明の上【おすすめしているアミノ酸系のシャンプ―】を利用していただいています。

3000円のトリートメントをしても市販の洗浄力の強いシャンプ―を利用している場合は、すぐに効果がなくなってしまうので、ただのお金の無駄使いになってしまいますので3000円のトリートメントをされるなら、まずは3000円のシャンプ―を利用することをおすすめします。

 

サロントリートメントとホームケアトリートメントは必須

優れたシャンプ―を利用していても、少しずつコーティングが剝がれていきます。

そのためサロントリートメントには多くの場合ホームケアトリートメントがセットで存在しそれを自宅で利用することで内部補修&コーティング剤の補充をすることが出来ます。

サロントリートメントの持続期間1ヵ月はホームトリートメントも一緒に利用した時の期間です。

せっかく高いお金を払ってサロントリートメントをしたのですから、やるなら中途半端が一番無駄ですのでセットのホームトリートメントも利用することを強くおすすめします!

 

サロントリートメントを1ヵ月持続させるためには…。

ということで、サロントリートメントを長く持続させる大きなポイントは

アミノ酸系やベタイン系の穏やかな洗浄力のシャンプ―を利用する

セットのホームケアトリートメントも一緒に利用する

この2点が非常に大事です。

それ以外にも

濡れ髪の時は内部成分が流出しやすいのですぐにドライヤーで乾かす

タオルでゴシゴシ拭くと内部成分の流出リスクがあるので優しく吹く

紫外線でキューティクルが開いてしまいますので髪用UVケアなどを利用する

等の対策をすることが非常に大事です。

 

サロントリートメントよりも毎日のシャンプ―が大事!!

美容院のトリートメントをするよりも、日々のシャンプ―が大事な理由を詳しく説明していきます

まずは根本的な問題ですが基本的にシャンプ―は洗えば洗っただけ傷むということです。

【え!?】ですよね?

CMで【〇〇配合で修復される】とかほとんど【うそ】ですからね。

【もう迷わない! 美容師直伝【シャンプ―成分表の読み方】を知っておすすめを見極めよう!

洗濯を考えてみて下さい。

Tシャツ、どんなに優しい洗剤で洗っても洗えば洗うだけ傷みますよね?

それと同じです。

髪の毛も洗浄成分【汚れを落とす成分】で髪の汚れを落とすので、その時に毛髪が負担を受け髪の成分が流出しやすいです。

ですので、基本的には【シャンプ―は傷むもの】と思って下さい

で、当ブログでおすすめしているような洗浄成分の優しいシャンプ―を利用することで、なるべくシャンプ―で傷めないように出来ます。

むかし【ある美容専門雑誌】で【1回のパーマよりも市販のCMシャンプ―を30回繰り返した方が傷む】なんて検証実験もありました。

つまり!

例えば家で市販の洗浄力の強いシャンプ―を使って髪を傷めて、1ヵ月に1回、美容室で3000円のトリートメントで修復された気になって、また自宅で強洗浄力のシャンプ―でさらにダメージが進行し…

また美容室で3000円のトリートメントをする。

これを繰り返していたらどんどんダメージが深くなるだけですよ…。

全くトリートメントをする意味がありません!

月1回、美容室でトリートメントをしているのに毛髪コンディションが改善しないって…

それは自宅のシャンプ―のチョイスを間違えているからです。

【髪の毛は死んだ細胞。自分ではもう再生できない。傷んだら傷んだまま。】

というものですので

【傷んだ毛をトリートメントでどうにかする】という発想ではなく、傷ませないようにどうするかが一番大事です。

そしてその【傷ませないために必要な最初の一歩が良質なシャンプ―を使うことです!!】

😊MakeLetトータルヘアプロデュース美容室でした😆

2021年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031