Staff Blog

髪が傷む原因と傷みを予防するヘアケア方法について紹介

髪が傷む原因と傷みを予防するヘアケア方法について紹介

「髪がパサつく」「枝毛が気になる」など髪の傷みで悩んでいる方も多いのではないでしょうか?髪の傷みを防ぎ、キレイなツヤのある髪をキープするためには、毎日のヘアケアが大切です。

そこで今回は、髪が傷む原因と髪の傷みを予防するヘアケア方法についてご紹介します。髪の傷みで悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

髪が傷む原因とは?

髪が傷む原因には主に5つあります。ここでは、それぞれの原因について詳しく紹介します。

シャンプー

シャンプーは髪を清潔に保つために毎日欠かせませんが、シャンプーのやり方によっては髪を傷める原因にもなります。キューティクルは髪が濡れると開く性質を持っており、キューティクルが開いた状態で髪を強めにゴシゴシ洗ってしまうと、キューティクルが傷ついて髪が傷む原因になるのです。

ドライヤーやヘアアイロンなどの熱

髪のキューティクルは、熱に弱い性質を持っているため、ドライヤーやアイロンの使い過ぎも、髪が傷む原因になります。そのため、ドライヤーやヘアアイロンを使う際は、髪の毛への刺激を軽減させることが大切です。

髪の自然乾燥

髪の毛は濡れている状態のときが、キューティクルが開きやすく、一番デリケートです。そのため、濡れたまま髪を放置していると、髪に必要なタンパク質や水分がどんどん失われてしまいます。

ドライヤーの熱でも髪にダメージを与えると紹介しましたが、自然乾燥による摩擦の方が、ドライヤーの熱よりも髪の毛への負担が大きいです。そのため、髪の毛をシャンプーしたら、なるべく早くドライヤーで乾かすことが大切です。

また、髪に水分が残っている状態だと、雑菌が繁殖して「かゆみ」や「におい」の発生にもつながります。

パーマやヘアカラー

パーマやヘアカラーも髪が傷む原因になります。パーマやヘアカラーは薬品を使って、髪の毛の癖をつけたり、色を変えたりします。つまり、化学的な刺激を髪の毛に与えるため、髪の毛が傷んでしまうのです。

また、パーマやヘアカラーを繰り返すことで、髪の毛の内部のタンパク質が流出してしまい、髪にとっては大きな負担になります。

紫外線

お肌と同じように、髪の毛も紫外線の影響を受けます。特に、頭を覆う髪の毛は肌が受けるよりも遥かに多くの紫外線を浴びています。紫外線を浴び続けると、ごわつきや枝毛、切れ毛の原因になったり、ヘアカラーの色落ちがしやすくなってしまうのです。

髪の傷みを予防するヘアケア方法

髪が傷むさまざまな原因について紹介しましたが、髪の傷みは予防することが可能です。ここからは、髪の傷みを予防するヘアケア方法について紹介します。

シャンプー前にブラッシングを行う

毎日のシャンプー前にブラッシングを行うようにしましょう。ブラッシングを行うことで汚れを取り除いて、シャンプーを行いやすくしてくれる効果があります。

ただし、絡まった髪を無理やり引っ張るようにブラッシングするとかえって髪を傷つけてしまいます。そのため、毛先から少しずつ絡まりを解くようにといていき、最後に頭皮をマッサージするようにブラッシングしましょう。

ドライヤー前はしっかりとタオルドライする

ドライヤーで髪を乾かす前に、あらかじめタオルでしっかりと水分を取ることでドライヤーによる熱のダメージを軽減することが可能です。しかし、タオルでゴシゴシと拭いてしまうとキューティクルがはがれてしまう原因になります。そのため、タオルドライをする際は髪の毛をおさえるように拭いたり、包み込んで軽く叩くようにして拭くようにしましょう。

そして、ドライヤーで乾かす際は、髪からドライヤーや20cmほど離して、一か所を集中してかけないことがポイントです。また、最後は冷風で仕上げることでキューティクルを引き締めることができます。

ヘアアイロンやコテは乾いた髪に使用する

ヘアアイロンやコテは、髪が乾いた状態で使うことが重要です。髪が濡れている状態で使うと、必要な水分まで一緒に蒸発させてしまい傷みの原因になります。また、ドライヤーと同様に一か所に当て続けることもNGです。設定温度は髪が傷みやすい160℃を超えないようにすることも大切です。へアイロンを使用するときは、ヘアオイルなどで髪の毛を芯からしっかりと保湿してあげると、美しい髪を維持できます。

まとめ

今回は髪が傷む原因と痛みを予防するヘアケア方法について紹介しました。髪を美しく保つコツは、キューティクルを傷つけないことが大切です。毎日のシャンプーやドライヤーを見直して、美しい髪をキープしましょう。

「Make Let」では、経験豊富なスタイリストがお客様1人1人の髪のお悩みやご要望を引き出し、お客様にぴったりなスタイルをご提案致しております。

また、当店では髪の健康を1番に考えてこだわりのある薬剤を使用しております。傷んだ髪でお悩みの方や髪の毛をカットやカラーなどを検討中の方は「Make Let」にお気軽にお越しくださいませ。

2020年1月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031