Staff Blog

卒業式のお着付けやヘアセットのご予約は11月~12月が通例

卒業式というのは一般的に3月に行われます。つまりそれより前に美容室に予約が入るのが一般的です。

卒業式前といってもお客様は予約が殺到するのを嫌がるため間近で予約を入れようとはしません。

そのため11月~12月付近が一般的です。予約の時間や日付の確認を忘れないようにしましょう。

事前の準備が大切ですね。

MakeLetトータルヘアプロデュース美容室では皆様のお着付けメイク、ヘアセットの

お手伝いをさせていただいております。

 

卒業式で袴を履きたい!着付けはどこでできるの?料金の相場はいくら?

袴を卒業式で着ようと考えていらっしゃる方は袴の着付け予約やヘアセット予約などを前年のうちに済ませるのが通例となっています。

しかし成人式とは異なり各学校の卒業式の日にちや時間帯に合わせて個人で予約を入れなくてはいけないためどこで着付けの予約をすれば

良いのか迷わられる方が多いです。そこで今回は卒業式の袴の着付けをお願い出来る所と着付けの料金の相場といった所について解説して

いきます。事前に用意すべき物や着付けにかかる時間、ヘアセット料金など袴に必要な情報を全てお教えします。

 

着付けや準備に掛かる時間

袴を着る場合成人式の時と同時にまず、ヘアセットとメイクから始まります。ヘアセットはカーラ―で巻く時間もあるため1時間カから1

時間半ほど時間を要します。高度な技術を必要とする髪型の場合は更に時間がかかるので2時間は見ておく必要があります。

袴の着付けはとてもシンプルなものなので20分もあれば完了しますが荷物の入れ替え時間や着てきた洋服の始末の時間なども見て着付け

時間は30分くらいと考えておくといいでしょう。

 

事前に準備しておきたいもの

お願いする美容室によっては着付けの前日までに着物や着付けに必要な道具を搬入しなくてはいけません。搬入日直前に着付けに必要な物

が何か分からなくなってしまうと困るのでここで着付けに必要な小物や用意しておく物をリストアップします。

💎着物(小振袖、中振袖)

💎袴

💎半幅帯

💎長襦袢(半衿付き)

💎肌襦袢

💎すそよけ

💎和装下着

💎重ね衿(伊達衿)

💎衿芯

💎伊達締め2本

💎紐5本

💎補正用タオル3枚から5枚

💎帯板

💎足袋

💎草履

💎タイツもしくはソックス(ブーツを履く場合)

💎ブーツ(ブーツを履く場合)

💎巾着(バック)

 

着付けを予約する時期

袴の着付けを美容室に予約する場合は前年の末(11月から12月ごろ)に予約を取りましょう。

年明けの予約は卒業出来る事が確定してから予約をしたいという人で混雑するので出来る限り前年に予約を済ませておくのが懸命です。

レンタル業者を介しての袴の着付けを予約する場合は袴を借りるのと同じ時期である前年の3月から5月(卒業式の1年前)までに着付け

の予約を取るのが一般的です。年が明けてから予約しても大丈夫と思ってるとあっという間に美容室の予約が埋まってしまうのでお願いし

ようと思ってる美容室があれば早目に予約を入れて置くことをおススメします。

 

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031