Staff Blog

パーマをかけると薄毛や抜け毛が増えるってホント?

薄毛とは?何か?

薄毛とは髪の毛が生え変わる時に新しい髪の毛が細くなったり、本数が減ったりしてボリュームがなくなることを言います。

 

髪の毛が細くなることで【コシ】や【ハリ】も同時に減ってしまうので、その事態は回避したいところですね。

 

原因はストレスや紫外線・不規則な生活

他にも食生活などとされていますが普段のヘアケアの方法も影響してきます。

パーマをかけることで薄毛や抜け毛が増える可能性は確かにあります。例えば低価格のアルカリ性のパーマ液を使用したりすると薄毛や抜け毛のリスクが少し上がってしまうでしょう。

それはパーマをかけるときに頭皮にパーマ液が付いてしまい、それが影響で頭皮の炎症を起こしてしまう可能性があるためです。

また、髪内部のタンパク質が流れ出してしまうことで髪が細くなってしまったり切れ毛の原因にもなることがあります。

 

パーマの種類と仕組み

パーマには大きく分けて【コールドパーマ】と【ホットパーマ】の2種類があります。それぞれ特徴を知っておきましょう。

📌コールドパーマ📌

オーソドックスなパーマは【コールドパーマ】を指すことが多いです。2つのパーマ液を髪の毛に塗布することで、髪の毛にカールを作ることができます。

最初に髪の毛に塗布するパーマ液を1液【1剤】と呼びます。1液には髪の毛を形成している結合を切断する役割がありこの状態でロッドを髪に巻き付けて形を作るのです。そして髪の毛がロッドに巻かれている状態で2液【2剤】と呼ばれるパーマ液を使用して再度結合させてカールを固定します。

 

📌ホットパーマ📌

【ホットパーマ】とは【コールドパーマ】の作業工程にアイロンなどで熱を加えたパーマを指します。そしてホットパーマを代表するパーマ【デジタルパーマ】があることをご存知でしょうか?

デジタルパーマは形状記憶パーマとも呼ばれるくらい持ちが良いとされているパーマです。ただし髪の毛に熱を加えるためコールドパーマと比べてダメージが大きくなるのがデメリットといえます。

デジタルパーマをする際は髪の毛のダメージを美容師さんに相談してから行うのが良いでしょう。

 

髪の毛や頭皮へのダメージはどれくらい?

髪の毛や頭皮のコンディションによってパーマで与えるダメージは変わってきます。最近ではパーマ液の性能が上がっていたりダメージを軽減させるためにトリートメントで補うなど工夫がされています。

パーマの種類によっても頭皮への刺激が違う場合がありますが、どのパーマ液を使用しても施術が終わったらしっかりと洗浄してもらえるのでそこまで心配することはありません。

しかし短期間に頻繫にパーマをかけたりすると頭皮や髪の毛への負担になってしまうので注意しましょう。

次回どのタイミングでまたパーマをかけてよいのか分からない場合は是非とも💙MakeLetトータルヘアプロデュース💙美容室で相談しましょう!

次回の来店目安だけでなくヘアスタイルの維持とヘアケアも教えちゃいますョ!

 

ボリュームの少ない人でもパーマをかけても大丈夫?

髪の毛のボリュームが少ないけど、そういう人でもパーマをかけても良いの?

このように疑問を感じている方もいるのではないでしょうか?髪の毛をボリュームアップさせるためにパーマをかけるのは有効的です。ただしパーマをかけると髪が細くなってしまったり切れ毛の原因になる可能性があります。

今の髪の毛や頭皮の状態でパーマをしても大丈夫か施術前に💙MakeLetトータルヘアプロデュース💙美容室で相談しましょう!

 

まとめ

パーマをかけることで髪にダメージを与えてしまったり薄毛になってしまう可能性はゼロとは言えないことは確かです。

しかし最近のパーマ液は技術が進歩しているので以前に比べて与えるダメージはかなり軽減しています。

適切な頻度でパーマをかけることと髪や頭皮に優しい薬剤を扱ってる💙MakeLetトトータルヘアプロデュース💙美容室がおすすめです。

今年の春はパーマスタイルでみんなの視線を集めてみてはいかがでしょうか?

2021年2月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28