Staff Blog

髪の毛は何が原因で乾燥、パサついちゃうのでしょうか?

髪の毛が乾燥してしまう原因は、まずは(油分量が足りない)ことや(髪の毛を乾かさないこと)など色々な原因があるんです。それぞれ紹介して説明していきたいと思います。

1⃣頭皮から出る油分量が足りない

頭皮から油分が出てくるのですがこの油分が実は髪の毛に浸透してコーティングしてくれる効果があるんです。油分が髪の毛に浸透するのは約7センチメートルと言われています。

ナチュラルに髪の毛で守られていたんですね!

はい。ですがこの油分が足りないと髪の毛をコーティングして守ってくれなくなるんです。もし油分が平均的でも7センチメートルよりも先はヘアオイルやコンディショナー、トリートメントでヘアケアをしないと、髪の毛が乾燥を感じることもあります。

2⃣海やプールで髪の毛が濡れてしまう

髪の毛が濡れた状態で太陽のもとに出ると紫外線を吸収してしまうという特徴があります。髪の毛が濡れているという事はキューティクルも開いてしまってるので紫外線を吸収してダメージを受けてしまう事になるんです。さらに、海やプールはお風呂の水と違い塩素が含まれています。この塩素を含んだ水で髪の毛を濡らしてしまうと髪の毛の退色の原因にもつながってきます。

3⃣髪の毛を乾かさない

(髪の毛が濡れているとキューティクルが開いた状態になっている)と先程からお伝えしていますが夜に家の中にいたら紫外線などもないし、そんなに問題にならないと思っている方もいるかもしれませんがキューティクルが開いていると摩擦で髪の毛にダメージを与えてしまっているのです。

例えばどのようにすると摩擦でダメージを与えてしまうのでしょうか?

髪の毛が擦れるだけでもダメージを与えることになります。一番よくないのは髪の毛が濡れている状態で寝てしまうことです。髪の毛の枕と摩擦で髪の毛に大きくダメージを与えてしまうことでしょう。お風呂から出たり髪の毛が濡れてしまった時はすぐに乾かすようにしてください。

4⃣エアコンの風を直接受ける

エアコンの風を直で受け続けていると髪の毛が乾燥してしまいます。例えると弱風のドライヤーをずーっと髪の毛に受け続けている状態になるのです。エアコンを受け続けていると乾燥以外にもヘアカラーの退色を早めてしまうことがあります。

5⃣アイロンで髪に熱処理を与える

スタイリングする際にヘアアイロンを使用している方がいるかと思いますがこのヘアアイロンの熱でも髪の毛は乾燥してしまいます。ヘアアイロンの温度や、当て続ける時間を間違えると髪の毛に大きなダメージを与えてしまうので気をつけて下さい。

最適な温度と時間は( ^ω^)・・・

髪の毛が柔らかい方は150~160度くらい。髪の毛が硬い方は160~180度に設定してください。また髪の毛に当てる時間は5秒くらいを目安にしてください。15秒以上同じ個所に熱を与えてしまうと髪の毛がボロボロになってしまう可能性が高いので気をつけて下さい。また濡れている状態でアイロンを使いスタイリングするのもさけましょう!

髪の毛を乾燥させない予防対策とは

髪の毛を乾燥させない予防法とは2つの予防対策があるので紹介させていただきます。

1⃣美容室でトリートメントをする

一番効果的なのは美容室に行ってトリートメントを月に1回することです。トリートメントをしたら家では週に1回のトリートメントをつけるくらいのケアで大丈夫です。トリートメントをするときは毛束を手のひらに乗せて揉みこむようにして塗布すると効果的です。

2⃣ヘアオイルを塗布する

外出する前にヘアオイルを髪の毛に塗布することも効果的です。ヘアオイルは髪の毛をコーティングしてくれるので紫外線やエアコンの風から髪の毛を守ってくれるんです。夕方になってくるとヘアオイルの効果が薄れてきてしまうのでハンドクリームを薄くつけるだけでも予防になりますよ。また、湿度が多い日に髪の毛が乾燥していると外気の水分を髪の毛が吸収してしまい髪が膨らんでしまう原因になります。ヘアオイルをつけることで予防することができます。

髪の毛が乾燥してしまった。パサパサになってしまった。このような方がサラサラの髪を取り戻すには( ^ω^)・・・

サロンケアがとても大事です。髪の毛の状態に合わせたトリートメントを美容師さんに選んでもらいましょう。美容室ですと髪の毛に足りない栄養素を複数のトリートメントを配合して同時にヘアケアをすることが可能になるんです。髪の毛に必要な栄養を一度に取り込むことができるので髪の毛のダメージを受ける前の状態に近づけることができます。サロンケアをすることで髪の毛を健康的にするのはもちろんその後のデサインのクオリティを上げることも可能になってくるんです!!!

まとめ

髪の毛のパサつきがどうしておこるのか。どうしたら予防できるのかをやってきましたが皆様いかがでしたでしょうか?

一度ダメージを受けてしまった髪を元に戻すにはやはり難しいことですが、髪の毛をしっかりケアしてあげることで元の状態に近づけるということがわかりました。ですが、髪の毛にダメージを与えないことが一番大切だと思います。ぜひ実践してみて下さい。やっぱりサラサラのツヤ髪は良いですもんね🎵🎵🎵

 

2021年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31